読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

筒井広志「オレの愛するアタシ」

イメージ 1

これ、もう絶版なんだろうな。ぼくが読んだのも、もう二十年以上前だもんな。しかし、そんな昔に読ん

だ本がけっこう鮮烈に記憶に残ってたりするのである。本書のことを知らない方でも、勘のいい人ならタ

イトルを見ただけでピンとくるだろうが、本書で描かれるのは男女の入れ替わりだ。

いままで、小説にとどまらず映画やドラマでもこの入れ替わり物っていうのはコメディの王道をゆく名シ

チュエーションであって、思いつくだけでも映画「転校生」やそれの原作となった山中恒の「おれがあい

つであいつがおれで」、最近ではドラマにもなった五十嵐貴久の「パパとムスメの7日間」なんてのもあ

ったし、かのクドカンも「ぼくの魔法使い」でこのテーマを扱い、ちょっとニュアンスが違うかもしれな

いが氷室冴子とりかへばや物語を下敷きにした「ざ・ちぇんじ!」はかなりおもしろい作品だった。

とまあこんな具合にこの入れ替わり物についてはけっこうな数の作品がつくられているわけなのである。

そんな中で、いまさら対してめずらしくもないこのテーマを描いた本書をわざわざ紹介して、なんのメリ

ットがあるんだ?とお思いの方も多いと思うが、ちょっと待っていただきたい。いまでは絶版で、古本屋

でしかお目にかかれないこの本をあえてここで紹介するのは、それなりの理由があるからなのである。

それは何かと言いますと、本書がこのテーマの暗黙の了解を破って、大人の男女の入れ替わりを真正面か

ら描いているからなのだ。ちょっと、ちょっと待って、まだ見捨てないでいただきたい。これは大真面目

で言ってるのだから、あなたも真面目に聞いてちょうだい。

大人の男女の入れ替わりと聞いて、ちょっとニヤけちゃったあなた!あなたも、待っていただきたい。確

かに本書には、そういう場面もある。身体が入れ替わった二人が事に及ぶのだが、そこで読者の期待は見

事に裏切られるから、本書はおもしろい。いったいどういうことなのか、これは実際読んでみていただき

たいのだが、特に男性諸君はここで大きく仰け反ってしまうことだろう。ま、他にもエッチな場面はあっ

て、そういう面ではなかなかに楽しめたりするのだが、ぼくが本書を紹介したいのはそんな理由からでは

ない。なにが素晴らしいといって、本書で描かれる女性の身体になってしまった男性の戸惑い、不安、そ

して驚きがこれほど新鮮にそして大胆に描かれている作品は他にお目にかかったことがないのだ。それは

、あまりにも日常に則した描写でグイグイ読者にアピールされる。おおそうか、こんな気持ちになってし

まうのか、なるほど女性はいつもこんな感覚でいるのか、男と女はこういう風に違っているのか等々。

確かにスカートがスカスカしてて気持ち悪いなんてベタな描写もあるが、それを補ってあまりある数々の

エピソードにまさにページを繰る手がとめられないおもしろさなのだ。そして、本書最大のクライマック

スともいえる出産の場面。これを体験する男性はこの世に一人もいないだろうが、本書を読んで、ぼくは

出産の神秘と感動の一端を確かに実感したのである。女性で出産の経験をされてる方にとったら、これ程

おこがましい話もないのだろうが、男性のぼくとしてはこの出産の場面でおおいに感動し、涙さえ滲んで

しまったほどなのだ。

とまれ、本書は絶版だ。図書館にはあるだろう。古本としてもかなり容易に手に入るだろうと思われる。

今回のこの一文を読んで興味をもたれた方がおられたら、どうか読んでいただきたい。そして、正直な感

想を述べていただきたい。ぼくはいろんな方が本書をどう思われるかが、とても気になるのである。