読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

中島望「クラムボン殺し」

イメージ 1

ミステリとしてはダメダメなのだが、話としてはおもしろかった。

眼球を刳り貫く連続殺人鬼と標的にされた女教師。つかみはOKだ。非常にソソられる。

やがて、その女教師の学校で猟奇殺人事件が起こる。巷を賑わす連続殺人と学校で起こる見立て殺人。

とても欲張りな内容ではないか。豪華二本立てというわけだ。

作者初のミステリだそうで、見立て殺人の方は章の終りに挿入される「ケンちゃんの日記」が叙述トリ

ックなんだなとわかるが、そうかー、こうくるかー、という感じである。

以前読んだ「法月綸太郎本格ミステリ・アンソロジー」に収録されていた中西智明の「ひとりじゃ死

ねない」を思い出した。でも、読み落としているのかもしれないが、本書はフェアじゃない。二段構え

のミスディレクションは良かったが、肝心の部分が描かれてなかったように思う。

連続殺人鬼のほうは、ちょっと驚く展開になる。かなりブッ飛んでますねこの作者。

普通、ミステリにこういう設定は持ち込まないだろう。それをなんの衒いもなく使っちゃうところに驚

いてしまった。

構成的には二つの事件の絡ませかたに難あり。バランスが悪すぎる。こういうのもアリなんだろうけど

やっぱり少し違和感がある。居心地の悪いイスに座ってるような感じだった。

でも、先に書いたように話的にはなかなかおもしろかった。劇画調で展開される凄惨な物語として単純

に楽しめたと思う。