読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2010-01-30から1日間の記事一覧

竹本健治「ウロボロスの偽書」

これは読んでブッ飛んだ。なんなんじゃ、これは!ってな感じである。基本的に本書は三つのパートに分 かれている。ひとつはあまりにも残虐な犯行を重ねる殺人鬼のパート。もうひとつは竹本氏やその周辺の 作家連中が実名で出てくるパート、そして最後が短編…