読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

『クラチカート』

毎月11日にクラチカートという魔物がやってきて、誰かが生贄にされてしまうという無慈悲な世界。

ぼくは毎月いつ自分の番がくるのかと、びくびくしながら暮らしている。

クラチカートとは『煉獄の蜘蛛』という物騒な異名がつけられているとんでもない化物で、身の丈は5メ

ートルもありビニールのようなつやつやした黒い羽をもち、毛が一切生えていない身体には4本の腕と逆

折れになった鳥と同じ構造の脚がついていて、獲物をロックオンすると、どんな堅牢な建物の中でもやっ

てきて、その4本の豪腕でがっちり抑えこみ、くびり殺してからゆっくり味わうのである。

またクラチカートの口吻はかなり鋭く突き出しており、これを殺したての獲物の身体に差しこみ、消化液

を注入してゆっくり溶かしながら啜り上げるので、残された死体は骨と皮だけになってしまう。

あんな死に方は嫌だ。絶対に嫌だ。尊厳もなにもあったものじゃない。

それになにより恐ろしいのはクラチカートの赤い目だ。黒い虹彩の浮かんだ、無機質な赤い目。後方に突

き出した頭部の形状も異形だが、あの赤い目に見据えられながら死ぬのは本当に恐ろしい。

どうしてこんな世の中になってしまったのか。どこから奴はやってくるのか。

地球の覇者として生を謳歌していた人類は、永年の栄光の地を奴に奪われようとしている。

毎月11日という周期におそらく謎があるのだと思われるが、どれだけ優秀な学者が束になって研究して

もクラチカートの弱点はおろか、生態さえもまったくわかっていないのが現状だ。

魔女狩りの恐怖とはこういうものなのか?命が奪われるかもしれない世界とは、なんて恐ろしい世界なの

だ。本当に恐怖で気が変になりそうだ。

そして、やがて11日が巡ってくる。

物事の必然として、次の獲物はぼくなのだ。なぜなら、この物語の中心人物はぼくなのだから。

ぼくは逃げる。なにもかもを振り切って、がむしゃらに逃げる。しかし、どれだけ必死に逃げても死を免

れないのはわかっている。それでも逃げずにはいられない。走って、走って、走って、もう息ができない

くらい必死になって走っているのだが、振り返ればすぐそばに奴がいるのがわかっている。

死を観念するか、死から逃げさるか。もしかしたら奇跡が起こるかもしれない。ぼくは助かるかもしれな

い。99パーセント死を確信していても、まだ残りの1パーセントに必死に縋り付く。

しかし、無慈悲に死はおとずれる。ぼくは捕まり、丸太のような腕で身体を締め付けられる。

クラチカートの身体は異様に熱く、獣臭い。体毛がないにも関わらず、噎せるような激しい臭いがぼくの

鼻を殴りつけてくる。やがて、ぼくの頭は固定され、残りの腕がのびてきて大きく広げられた4本の指が

両側からぼくの首を締め付け、圧迫されて目玉は眼窩から飛び出し、ぼくの鼻と耳からは熱い血潮がドク

ドクと流れでて・・・・。