読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ジョン・ダニング「災いの古書」

イメージ 1

待望のクリフ・ジェーンウェイシリーズ最新刊の登場だ。前回の「失われし書庫」から三年。今回はわり

と早く刊行されたほうだ。だって第二作と第三作のインターバルは七年だったからね。

翻訳ミステリに限って言及するならば、本来飽き性のぼくが飽くことなく追い続けているシリーズが三つ

ある。ここでも紹介しているドン・ウィンズロウのニール・ケアリーシリーズとR・D・ウィングフィー

ルド のフロスト警部シリーズ、そして今回紹介するジョン・ダニングのクリフ・ジェーンウェイシリー

ズの三シリーズだ。もちろんそれぞれ魅力は違うのだが、この三シリーズだけは出れば無条件に読んでし

まう。はっきりいって、もうメロメロなのだ。

今回扱われるのは、サイン本である。ミーハーなぼくにとっても非常に興味ある題材だ。逆にいえば、本

書で扱われる薀蓄はそれだけだから、古書に関する薀蓄を期待するとちょっと期待ハズレかもしれない。

しかし、やはりこのシリーズは読ませるのである。本書の雰囲気は第二作「幻の特装本」と非常によく似

ている。そう、あのロス・マク風味が復活しているのだ。ここで描かれる悲劇は妻の夫殺し。

詳しく書くと長くなるので割愛するが、舞台となる辺鄙な町の設定から、複雑な家庭環境から、一筋縄で

はいかない事件の真相まで、たった一つの殺人事件を追って550ページもの長丁場をまったくダレるこ

となく描ききったダニングに拍手を送りたい。

今回クリフは、前作「失われた書庫」で知り合った弁護士エリン・ダンジェロの助手として活躍すること

になるのだが、相変わらずうまい立ち回りを見せてくれる。警官時代に培った直感をたよりに、後先考え

ず行動するところなどは決して褒められた行動ではないのだが、それさえ理にかなった行いに見えてくる

から不思議だ。はっきりいって、もうこの男に心底惚れ込んでしまっているのだろう。

ラストに近づくにつれての盛り上がりは、シリーズ全体を通してもかなりエキサイティングだ。今回の事

件は単純な妻の夫殺しであり、第一容疑者である妻自身も自分が殺したと自供している。とてもシンプル

な事件だ。だが、真相を探るうちに様々な可能性が浮上してくる。いったいどれが真相なのか?

浮きつ沈みつしてなかなか表層に出てこない真相。数々の断片が合わさって大きな事件のパズルが完成す

るとき、あの「さむけ」で感じたような鳥肌が立つ思いを味わった。

本書はハードボイルドミステリとしてシリーズ中、一、ニを争う出来栄えとなっている。

約束しよう。ラスト50ページは誰もがページを繰るのももどかしい思いを味わうことだろう。

やっぱりこのシリーズたまらないなぁ。