読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

玉置浩二の母

ぼくは、なぜか死んでいる。

死んでしまって、幽霊になっている。

そして、幽霊のまま現世の世界を彷徨っている。

幽霊の目からみる現世の世界はおもしろい。世界は青い色のサングラスを通して見ているみたいに、真っ

青なのである。

そして驚くなかれ、現世には幽霊にしかわからない標識や、落書きがそこら中に書かれてあるのだ。

ぼくが今ただよっているのはどこかの地下街なのだが、人が歩いていないところをみると深夜なのだろう

か?

フワフワただよっていると、すぐ横の壁に

わたしは女の味を知らずに死んだのが無念な、ナマグサ坊主だ

とか

絞められた首が、まだ痛む 誰か助けて

とか

鬼がくるよ

などといった落書きが書き連ねてあった。

思わずゾッとして、その場を離れると前方に女の人が座って泣いている。

おっ、人間かと思ったが、同業者だった。

ぼくは近よって声をかけた。

「どうしたのですか?なにを泣いているのですか?」

女の人は、クルッとこちらを向いて

「息子にこれを渡そうと思っているのですが、どうしても私に気づいてくれないのです」

といって、手にもっているマクドナルドの袋をぼくに見せた。

「そんなことはないでしょう、ぼくがついていってあげますから、もう一度息子さんのところへ行きましょう」

ぼくがそう言うと、女の人はうなづいて立ち上がった。言い忘れていたが、女の人は五十くらいのふくよ

かなおばさんだった。

次の瞬間ぼくとおばさんは、どこかの劇場みたいなところへ現れる。

ステージに明かりがついていて、光線が目にまぶしいくらいなのだが、客席に人はあまりいない。

そのかわり、ステージには沢山の人がいてうごめいている。

なにかのリハーサルなのかと思っていると、かたわらに浮いていたおばさんがスーッと客席のある人物の

かたわらによった。

その人物が息子らしい。

よく見ると、驚いたことにそれは玉置浩二だった。

おばさんはその人物のとなりに座るやいなや、マクドナルドの袋を握りしめながら、一生懸命に息子に話

かけるのだが、玉置浩二はといえば何も知らぬげに、笑いながらステージに向かってなにやら話をして

いる。

ぼくは見かねて、おばさんのかわりに彼に話しかけた。

ぼくはなぜぼくらがここに来たのか、なぜこんな姿になってしまったのか、などなど色々彼に説明した。

彼は、なかなかぼくの言うことに耳をかたむけなかったのだが、一生懸命話しけるうちにやがてぼくに気

がついてくれた。

彼はマクドナルドの袋を受け取ってくれたのだが、なぜか笑ってそんな話はウソだとか、またからかった

りしてなどと言って信じようとしない。

そこでぼくは、彼の母親をズイッと彼の前に押しだした。

すると彼はいきなり真面目な顔になって涙をながしはじめた。

と、そこで目が覚めた。