読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

アンドリ・S・マグナソン「ラブスター博士の発見」

イメージ 1

 作者はアイスランドで本国の文学賞を3回も受賞しているそうで、かなり有名な作家なのだそうだ。一

読して驚いたのが、その奇想っぷり。メインのテーマであるラブスター博士の大発明にはじまり、宇宙に

打ち上げられて流れ星となってふりそそぐ遺体や、もしあのときこうしていれば・・・と尋ねれば、その

結果を即時教えてくれる『後悔(リグレット)』の存在。たとえば、本書の主人公の一人であるインドリ

ディ(なんて名前だ!さすがアイスランド)がある可能性について尋ねると

 「そのときあなたの右腕は、北緯六四度〇五・五三六分、西経二一度五五・三一分にあったでしょう。

そしてその同じ瞬間、バスの左前輪がまさに同じ地点にあったはずです。四十分の一秒後、あなたの頭が

バスの左後輪の下敷きになり、その四秒後にはあなたの体の一部、おそらく腸が、プジョー二〇五GRの

前輪に巻きついているのが見えます。芸術的な、あるいは写実的なイラスト入りの証明書をご希望ですか

、それとも口頭の報告で充分でしょうか?」てな具合である。さらにさらに、私を食べてと歌うパフィン

(ニシツノメドリって鳥ね)や、六百八十キロもある超巨大なヴァイキング・センチュリー・フォックス

(キツネね)の存在、などなど次から次へとどんどん奇妙なものが登場するのである。

 そんな奇妙な世界で繰りひろげられるのは、この世界を創造したともいえる神のような存在のラブスタ

ー博士とインドリディ、ジグリッドの引き裂かれる運命にある恋人たちの物語。ラストにひかえる『一億

の星祭り』にむけてすべての要素が集約されてゆく。

 ラブスター博士の運命は?インドリディとジグリッドの愛は?一億の星祭りは成功するのか?そしてこ

の奇妙な世界はどうなってしまうのか?

 奇想以外はきわめてオーソドックスな物語展開の本書は小品の印象を受けるが、独特の光をはなってい

る。2012年フィリップ・K・ディック賞特別賞を受賞したのも納得の作品である。