読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

太田忠司「レストア オルゴール修復師・雪永鋼の事件簿」

イメージ 1

レストアとは修復師のことである。本書の主人公雪永鋼(ゆきなが はがね)はオルゴールの修復師。

彼のもとには様々な物語を詰め込んだオルゴールが持ち込まれる。彼はオルゴールを修復すると同時に

そこに秘められた物語の謎を解き、関わった人たちの心の傷も修復していく。

太田忠司もいわゆる量産作家だと思い、今まで手にとることはなかった。今回この本を読んだのは、佐

野洋が書評で褒めていたからである。

読んで驚いた。やはり食わず嫌いはダメだなと思った。とりたてて強く印象に残ったり、深い感動を与

えてくれるわけではないが、本書の感触は良かった。静かで、やわらかく、繊細な物語だった。

主人公である鋼自身が心に傷を負っているがゆえに、全体の印象が悲哀に包まれている。五編の短編で

構成されているのだが、連作形式で全体を通して一本の筋が通っており、短編集というよりは長編を一

冊読んだような印象だったのも良かった。

ミステリとしてはそれほど感心する部分はなかったが、これはこれでいいのだと思う。なぜならば本書

の眼目はその部分ではないからだ。本書で描かれるのは心に傷を負った鋼の再生なのだ。彼はオルゴー

ルの修復という仕事を通じて様々な人と関わりあい、困難に立ち向かうことで自身を律していくのであ

る。そのストイックな姿は、読んでいて気持ちがいいし、なぜか心が温かくなる。本書を読んでると、

自然と鋼を見守る気持ちが芽生えてくるのだ。

派手な殺人が起こるわけでもないし、サスペンスに富んだ展開があるわけでもない。しかし、先へ先へ

とページを繰る手は止まらない。これを読んでこの著者のファンになるってこともないが、軽く読書が

したいときなんかには最適の本ではないだろうか。