読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

スチュアート デイヴィッド「ナルダが教えてくれたこと 」

イメージ 1

孤独を噛みしめる話だ。

繊細でピュアな心を持った主人公は、彼の信じることを大事に守ることで、望みを得ている。

だが、友情と愛情を知ったことで、彼の心はゆらぎ始める。

ストイックで孤独な彼の言動を追う内に、こちらの情感が微妙にゆさぶられいることに気づく。

人との関わりあいを極端に避けていた彼が信頼できる友を得、愛を与えあう彼女を見つけていくにつれ

て、こちらは彼の幸せを願って読み進む。

だが、ラストに彼の幸せは待っていない。辛い現実が待っている。

ラストで彼がとる行動は衝撃的でもなく、およそ予想はついてしまうのだが、それでもこちらの心に重く

のしかかってくる。

なぜそうしたのかと、悔しくなる。

あまりにも素朴なこのストーリーは、ある意味「ティモレオン」で受けた現実の厳しさと同質のものだ。

世の中そんなに甘くない。めでたし、めでたしでは終わらないのだ。