読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ロバート・ウェストール「弟の戦争」

イメージ 1

戦争文学は数あれど、湾岸戦争をこういう風に正面切って描いた作品は、はじめてでした。

本書の主人公の弟フィギスは、少し変わった子で小さい頃から不思議な言動が目立っていました。人の気

持ちをおそろしくナイーヴに受けとめ、一種のテレパシーのようなものでその人自身と自分をシンクロさ

せることができたんです。成長していく過程で様々な事件があるんですが、やがて世界は湾岸戦争へと情

勢を傾けていき、それにともなってフィギスの奇異な言動も頂点を極めてしまいます。彼はイラクの少年

兵であるラティーフとシンクロしているらしい。最新鋭の兵器を使い、ピンポイントで攻撃できるため被

害が最小限ですむ『きれいな戦争』といわれた湾岸戦争。世界的にはイラクは敵、フセインは悪魔といわ

れた湾岸戦争。しかし、戦争に良いも悪いもないはず。敵視されているイラクの兵士達にも、その死を嘆

き悲しむ家族はいる。世界の情勢は一方に傾いていたとしても、人間としての個々の有様は世界共通なの

だから、人種、宗教なんかの外面的、思想的理由で憎みあい、殺しあう世界が肯定されてはならない。ウ

ェストールは、この短い物語の中に万言尽くしても伝えきれないような多くのメッセージを込めていま

す。テレビで放映される情報を鵜呑みにして、ほんとうにきれいな戦争が行われていると錯覚してしまう

危険。自分の周りでは起こらない事ゆえ、戦争をまるでゲームのように受けとめてしまう危険。群集心理

に惑わされ、同じ人間を無条件に敵視してしまう危険。ウェストールは同じ轍を踏まぬよう警鐘を鳴らし

ています。