読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

アイラ・レヴィン「ブラジルから来た少年」

イメージ 1

本書の魅力は、サスペンスにあります。いったいどういうサスペンスなのか?本書の巧みな点はそこにあ

ります。

全体を覆うナチスの影、第1章からピンッと張り詰めた緊張感に包まれ不穏な空気が漂い、読者はあれよ

あれよという間に話に引き込まれてしまう。そしてこれが本書の最大の魅力なんですが、なぜナチスの残

党が世界に散ばる65歳の公務員の男性を94人も殺さなければいけないのか?いわゆるミッシング・リ

ング物ですね。彼等の共通点はなんなのか?意外なことに物語のなかばで読者はこの真相を知ることにな

ります。しかし、それでも本書のテンションは下がらない。それからラストまで、一気に突っ走ってしま

うんです。

う~ん、さすがに時代を感じさせる作りではあるが、それにしてもウマイ。いま読んでも十分おもしろ

い。不気味な余韻を残すラストも定番といったらそれまでですが、それでもやはり不穏な感じで気味が悪

い。たぶん、この頃のレヴィンには『書の神様』が乗り移っていたんでしょう。それぐらい、本書は完成

された良質のスリラーなんです。