読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

舞城王太郎「煙か土か食い物」

イメージ 1

最近というか、読んだのはもう何年も前なのですが、本書をはじめて読んだ時は、その異様なまでの文章

に完全にノックアウトされてしまいました。

この人、福井出身ということで、物語の舞台も福井なら登場人物の話す言葉も福井弁。

でも、そのいままでになかったシチュエーションがとてもクセになる。

特に、その福井弁のカッコよさといったら、土着的な粘質性と感情が爆発してるような軽快さに思わずう

なってしまいます。

この人の作品は、読者を選ぶんでしょうね。でも、いったんハマれば舞城ワールドから、おいそれとは抜

け出せやしない。

本書は第19回メフィスト賞受賞作にして、作者のデビュー作。

メフィスト賞といえば、ちょっとクセのある作品が目白押しで、中にはとんでもない内容のものも少なく

ないっていうのを経験で知っていたぼくは、正直本書も読むのをためらっていました。

しかし、好意的な書評と賛辞の嵐にいぶかしみながらも手にとってみれば、もうひとたまりもありません

でした。たちまち、この異様でエネルギッシュな世界のとりことなってしまいました。

では、何がそんなにスゴイのか?ということなんですが、舞城ワールドに不可欠な要素として、残酷さと

愛の天秤作用というものがあると思います。

彼の作品では多くの血が流れ、あまりにも異様な事件が語られます。また、のちに続く数々の長編では、

極端に暴力的な世界が描かれたり、常識の範疇を超えた現象や人物が登場したりします。ここらへん、評

価が大きく割れるところだと思いますが、彼が描くそれら異常な世界に通低音として流れてるのは『愛と

平和』へのメッセージなんです。

彼が描く恋愛は、血と暴力にまみれていながらも、異常なSEXにまみれていながらも、おそろしくロマ

ンティックでセンチメンタルなんです。

人間が、人間として真っ当に生きることで、世界を変えれるんだというような前向きな思考や、平和を愛

する慈愛に満ちた母性的なメッセージ性にあふれているんです。

だから、ぼくは彼の作品が好きなんです。

最近は、新刊出てないんで少しさみしく思ってるんですが、これからもどんどん書いていって欲しい人で

すね、この人は。