読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ジル・マゴーン「騙し絵の檻」

イメージ 1

この本は多大な期待をもって読んだ。だって、『戦後のベストスリー』だとか『クリスティ、ブランドの

傑作にも比肩しうる』とかいわれた日には鼻息も荒くなろうというものだ。

しかし、また前評判に躍らされた。期待でパンパンに膨らんだ胸がラストで一気にしぼんでしまった。

それでも、お約束ともいうべきラストの一同を集めての謎解きは、なかなかのロジックだったのだ。

しかし、法月綸太郎君が大興奮していう畳みかけるような十ページ足らずの解決編がカタルシスを削いで

しまってるのも事実だ。『アクロバット、超絶技巧』と法月氏はベタ褒めなのだが、ぼくはどうもテンシ

ョン下がってしまった。推理の根底を覆すラストの論理の飛躍。また、それを証明する証拠の扱いと論理

の妙。クイーンでも、クリスティでも、ブランドでも、カーでもない硬質な文体。

やはり傑作なのだろうとは思うが、ぼくは好きじゃなかった。

それに、根本的に復讐に燃える主人公っていうのが、好きじゃなかった。ほんと、感情移入できなかっ

た。本格推理のランク的には、とっちらかった部屋を指をパチンと鳴らしただけで、きれいにしてしまう

ほどの鮮やかさがあったんだけどなー。