読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

乾ルカ「夏光」

イメージ 1

おいおいおい!この作家凄いよ!べるさんの記事で→乾ルカ/「夏光」/文藝春秋刊知ったんだけど

読んでびっくり、こりゃこのあいだ読んだ湊かなえ「告白」よりも数段上をいく短編集だ。最近知った新

人の中では一番じゃなかろうか。

と、柄にもなく興奮しちゃってるのは、はっきりいってこれほど凄い短編集だとは期待していなかったか

らで、実のところべるさんとこの記事読んで、これはなんだか自分向きの作品っぽいなぁぐらいの気持ち

で読んでみたのに、それがこのインパクトなので少々うろたえてしまっているのである^^。

で、何が凄いってこの作家、新人さんであるにも関わらずもう自分のスタイルを確立しちゃってるのであ

る。それは確実な情景描写、淀みない筋運び、自立する登場人物とすべてにおいて安心できる筆勢で、ま

るで十年選手のような安定感なのである。確かに、ストーリー的にはあまり捻りのない「は」や「百焔」

なんて作品も散見されるのだが、そんな作品でも強く印象に残る場面などがあり侮れない。特に「は」の

鍋をむさぼり食う描写は話の内容と相乗効果をあげ独特の気味悪さを醸し出している。ましてや、表題作

の「夏光」においてはその独創的なストーリーに完全ノックアウト状態だ。この作品は戦時下を舞台に少

年たちのひと夏の出来事を描いているのだが、途中にはさまれるエピソードのインパクトからラストにい

たる大々的なカタルシスまで間然することのない傑作だといってもいい。戦争時代を舞台にこんな話が書

けるのか!と驚いた。

次に注目したのは、これも少年たちの不思議な日々を描いた「Out of This World」。これは、事の真相

がはやくから予測ついてしまうにも関わらず、忘れがたい印象を残す。ちょっと桜庭一樹のあの作品の匂

いがするといえばネタバレになってしまうかな?

「夜鷹の朝」は、そのふっきりの良さと叙情的な筆勢が印象深い。誰がこんなこと思いつく?まして、思

いついたとしても、作品として完成させようとは思わない。

「風、檸檬、冬の終わり」は闇の仕事を描いている。といっても必殺仕事人ではないですよ。ここで描か

れるのは、とても忌まわしい人身売買。あまりにも酷い現状に嫌悪すら抱くが、このテーマではやはり梁

石日の「闇の子供たち」のほうが数段おそろしい。おそろしい上にやり場のない憤りを得て、限りない忍

耐と痛みに耐えなければならない。本作は、その一端を垣間見せるという意味でとても貴重な作品だ。

というわけで簡単に紹介したが、この新人さんは要注目である。この力量は並の力量ではない。次の作品

が非常に楽しみだ。べるさん、いい本を紹介していただいて、どうもありがとうございました。