読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

チャールズ・バクスター「初めの光が」

イメージ 1

このあいだ紹介したバクスターの初長編である。

構成が秀逸で、章を追うごとに時間が逆行していくのである。このことによって、どういう効果が得ら

れるか?

読み手は、先に結果を知らされるのである。そして、読み進めるにしたがって事の次第を理解するとい

うわけだ。軽くミステリの叙述形式になっているというわけである。

語られる事柄はとりたてて事件が起こるわけでもなく、普通のアメリカ家族の日常を描いている。

しかし、そこはバクスター、彼の言葉選びの正確さ描写の確かさには思わずうなってしまう。

宇宙物理学者となった天才肌のドルシーと唯一の肉親である自動車販売会社のヒュー。

彼ら二人を主軸に物語はドルシーの生まれた日まで逆行し完結する。

おおきな感動を得ることはないが、実に滋味にあふれた小説だ。各章それぞれ独立した短編のような味

わいがある。

とりもなおさず、他のバクスター作品も読みたい。強くそう願う。