読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

法条遥「リライト」

イメージ 1

 大地が揺らぐような、世界が崩壊するような大きな瓦解的変化に足元をすくわれる。ミニマムからマキ

シマムへ、個々人の特定された世界からいきなりの異次元へ。本書はそんな陥穽につき落とされるような

衝撃によって幕を閉じる。

 一九九二年七月一日に転校生としてN中学にやってきた園田保彦。彼は一冊の本をもとめて未来からタ

イムリープしてきた未来人だった。石田美幸は、偶然その秘密を知ることになる。そしてたまたま居合わ

せた旧校舎の崩壊事故から彼を救うため10年後の未来へ跳ぶ。美幸の機転で保彦は崩れた瓦礫の中から

助け出される。以上が一九九二年に起こった最重要事項。

 しかし十年後の二○○二年、過去からくるはずの自分はいつまでたっても現れなかった。自分が現れな

いということは、保彦は助からないということではないか。ありえない。いったいどうして過去が変わっ

ているのか・・・・・。

 これが本書の物語の骨子。物語は二○○二年のパートと一九九二年のパートが交互に配される形で進め

られてゆく。そして、本書を読み進めていくうちに読者は数々の相違を知ることになる。え?この場面は

あの人が。あれ?この章はこの人の視点なの?あ!また変わった。ここはこの人?は?殺人まで起こっち

ゃうの?てな具合である。頭の中は、はてなマークでいっぱいだ。ともすると何度も前のページに戻って

確認作業をしそうになる。ぼくはこの物語についていけてるのか、なんて心配までしてしまう。だが、も

ちろんそれは全部伏線だ。ラストですべてが氷解する。いや崩壊するといっていいかな?

 未来からやってきた素敵な男子。タイムリープを可能にするラベンダーの香りのする錠剤。探している

小説のタイトルは「時を翔る少女」。とくれば本書があの筒井康隆の名作「時をかける少女」を意識して

いることは十分わかる。しかし本書はあの大甘のせつないジュブナイルSFとは正反対の展開をみせる。

 『SF史上最悪のパラドックス』という謳い文句は煽りすぎではない。最初に書いたように、この読後

感はかなりの衝撃をもたらす。まさかこんなことになっているなんてね。