読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

フレッド・ヴァルガス「論理は右手に」

イメージ 1

「本が好き!」の献本である。

この人は、本書のシリーズ第一弾である「死者を起こせ」とゆきあやさんもそこそこの評価をしていた別

シリーズの「青チョークの男」の二作邦訳が出ていて、概ね好評だったと記憶している。

ぼくも「死者を起こせ」は読もうと思って購入してあったのだが、どうも昔からフランス産の文学を毛嫌

いする傾向があるので、いままで読まずにきてしまった。

なのに、今回献本でこの三聖人シリーズ第二弾がラインナップにあがっているのを見つけて、矢も盾もた

まらず申し込んでしまったのは他でもない、その発端のあまりにも奇妙な謎に抗しがたい魅力を感じたか

らだった。

だってあなた、犬のクソから人骨が出てきたんですよ。これほど奇妙な発端はないじゃありませんか。

だからもう我慢できず、本来ならシリーズ第一弾から読まなければ気がすまない性格なのに、飛び越して

いきなり第二弾を読むという暴挙に出てしまったのだ。

しかしフランス、されどフランス。やはりとっつきにくさが幅をきかせている。ていうか、これは訳がま

ずいのだろうか?何度も何度も行を戻って確認しなければならなかった。意味が微妙に外れていて、すん

なり頭に入ってこないのだ。

これには閉口したが、話自体はおもしろい展開をみせる。犬のクソから出てきた人骨の所在をめぐって、

まだ見ぬ犯罪を探っていく逆探査は思わぬ真実を暴いていく。ここらへんの絞込み方は堂に入ったもので

本格のテイストがあふれていて、楽しめる。

また本書に登場する人々の奇人変人ぶりはなかなかのもので、これは読んでもらわなくてはわからないが

やはりここらへんがフランスのテイストだなと思うのである。

ま、読みにくさを別にすれば、かなり魅力的なシリーズだと思う。これに懲りずに第一弾の「死者を起こ

せ」も読んでみようと思わせる魅力はあった。

本書は三聖人シリーズの第二弾と銘打たれているにも関わらず、主人公が元内務省調査員のルイ・ケルヴ

ェレールだったので、三聖人の活躍が少なかった。その点、第一弾では三聖人がフルで活躍するみたいな

ので楽しみである。