読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

鏡明「不確定世界の探偵物語」

イメージ 1

たった一台のタイムマシンによって改変されていく世界。過去に干渉することによって、いきなり目の前

の人が別人になったり、風景が変わってしまったりする驚異の世界。ワンダーマシンとよばれるその装置

を所有し、世界を掌中にする男の名はエドワード・ブライス。彼の経歴は謎に包まれているのだが、世に

知られるようになったころには,政府も手出しできないほどの富と権力を手にしていた。

主人公であるノーマン・T・ギブスンは私立探偵。彼はブライスから依頼を受けて、誰かが操作している

もう一台のワンダーマシンについて調査をすることになる。

いったい現在が変わり続ける世界で探偵物語が成立するものなのか?現に、本書で描かれる事件の中には

依頼人が突然目の前で別人に異化したり、シリアル・キラーに殺害された五人の被害者が生き返ってしま

ったり、死亡したはずの人物がまた現れたりと、ほとんどなんでもありの状況なのだ。

全八話それぞれ手を変え品を変え、様々な状況で尋常でない事件が語られる。しかし、そこにミステリ的

な興趣はない。ハードボイルド・ミステリとしての体裁は保っているが、サプライズは希薄だ。

だが、センス・オブ・ワンダーとしてのおもしろさはかなりなもので、まず、時間SFとしての必須項目

であるタイムパラドックスが活かされないという点が素晴らしい。これは『あとがき』でも書かれている

ことなのだが、そもそもの出発点が規則を破ることだったというのである。SFをSFに縛りつけている

無数の制約からの解放。だから、過去を変えて現在を改変する世界という時間SFの制約を逆手にとった

物語が生まれたのだ。

ひとつの試みとして本書は一読に値する。誰も思いつかなかった奇妙な世界での探偵物語。空前にして絶

後の時間SF。ミステリとしては弱いかもしれないが、これはこれでおもしろかった。