読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

宮部みゆき「R.P.G」

イメージ 1

これってあんまり評判良くないのかな?ぼくは大好きなんだけど。

本書は2001年の夏に文庫書き下ろしで刊行された。文庫書き下ろしという形式が、彼女としてはめず

らしい試みだったと記憶している。長編ではあるがほんとに短い作品で、数時間で読めてしまう軽い分量

なのに内容の濃さはなかなかのものだった。

清水義範が解説でも言及しているが、本書は一幕の舞台劇である。その試みは、作者の意図する以上の効

果をもたらしている。

密室(厳密にいうと一部屋ではないが)で繰り広げられる真相への道程は、サスペンスを盛り上げページ

を繰る手をはやめる。

ネット上での擬似家族という今日的なソースを扱いながら、真相にいたってやはり作者がいつも問いかけ

る人間としての感情の揺らぎが出てくるあたり、うまいなぁと思ってしまう。

犯人が誰か?という謎は物語半ばでわかってしまう。これは誰が読んでも一目瞭然だろう。だが、最後に

映画「スティング」ばりの大仕掛けが明かされる。これには完全に、してやられた。まったくもって、完

璧にノックアウトされてしまった。タイトルの意味がここでいきてくる。ああ、なるほど。このタイトル

はこういう意味でもあったのか、てな感じだ。「あとがき」で、作者が書いている『ミステリーとしては

大変基本的なルール違反』というのは、あまり気にならなかった。そんなに気にしなくてもいいんじゃな

いの?まっ、それはともかくさすが宮部みゆきと唸ってしまった。もっとも、この作品以降そういう現代

ミステリはあまり書かれなくなってしまったのだが。

あっ、そうそう。本書には「クロスファイヤ」と「模倣犯」のあの人たちが登場する。これも、あの二作

を読んでいる人にとってはうれしい試みである。ぼくは「クロスファイヤ」読んでないんだけどね^^。