読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

プリーストリー「夜の来訪者」

イメージ 1

普段一番縁遠い文庫が岩波文庫なのだが、2月の新聞広告を見ててとても気になったのが本書だった。

『息もつかせぬ展開』『最後に用意された大どんでん返し』。なんですと!これはミステリなのですか?

すごく煽ってくれるじゃないの。戯曲ということだけど、すごく気になるじゃないの。

というわけで、読んでみた。そして驚いた。

そう、すっごくおもしろかったのだ。戯曲なんて読んだの野田秀樹の「怪盗乱魔」以来ではないか?

舞台はイギリス郊外の大きな家の食堂。主のバーリングは工場主としてかなりの成功をおさめ、二年前に

は市長にも就任していたし、現治安判事でもある。ようするに、いっぱしの人物なわけだ。食堂に会して

いるのは彼の妻シビルと婚約したばかりの娘シーラ、そしてその弟エリックとシーラの婚約者ジェラルド

の五人。家族は今夜シーラの婚約祝いのパーティを開いていた。幸せで和気藹々とした雰囲気に包まれて

みんなその時間を心から楽しんでいた。だがそこに訪れる一人の男、グール警部。彼はつい先ほど消毒薬

を飲んで自殺を図った若い女性が死亡したのを確認したと告げる。そして、ここにいるみんながその女性

に深い関わりをもってることを次々と暴いていくのだが・・・。

各人がいったいどういう風にその女性と関わりあっていたのか?どうして、その女性は自殺するまで追い

つめられたのか?驕り、虚栄、エゴ、疑心暗鬼、この動かぬ一部屋の舞台上で繰り広げられる警部と家族

の駆引きはページを繰る手を止めさせない。読者は、あれよあれよという間にラストのどんでん返しへと

導かれてしまう。う~ん、まいった。160ページしかない本書はいわば短編ほどの分量しかない。しか

し、その中にギュッと凝縮されているものはかなり濃厚だ。

侮ってはいけない。こういうところにお宝は潜んでいる。戯曲を好まないぼくでも、これだけおもしろく

読めたのだから本書はかなり良質な本ではないだろうか。

ちなみにこの作品はイギリスでは何度も上演され、日本でも上演され続けている作品なのだそうだ。

過去には映画化もされたらしい。いやあ、知らなかったなぁ。是非一度、舞台を観てみたいものだ。