読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

スティーヴン・キング「クリスティーン」

イメージ 1

ええっと、あの、赤ちゃん生まれた次の日にホラーの紹介もなんだと思うんですが、気にせずいってみま

しょうか^^。

これ、キングの作品の中ではあんまり人気ないんじゃないかな?

本書はキング版アメリカングラフティである。高校生を主人公とした青春群像なのだ。

もちろん本書はホラーである。クリスティーンが主人公なのである。このもの言わぬ狂気の車が静かに

人を殺していく。

しかし、本書で注目したいのはやはりキングの描くアメリカの高校生たちの日常なのである。

クリスティーンの虜となる高校生アーニーは負け犬だ。気弱で、頭がいいわけでもなく人より秀でてる

ことといえば自動車整備だけだった。そんな彼が路傍でほとんど捨てられたみたいになっていた'58年

プリマス・フューリーに出会い、自分で生き返らせ『クリスティーン』と名づけてこれの虜になって

いく。しかし、この車には尋常でない因縁がからみついていたのだった。

高校生を主人公にしていることで、そこには友情や恋愛なんてものが最重要なものとして描かれていく

のだが、これがキングの筆にかかると素晴らしく活き活きと描かれるからたまらない。

おそらくキングも劣等感の屈辱というものを少なからず経験してきたのだろう。この年代には特有の疎

外感や、未知なる不安、それに憧れといったものが実感をともなって描き出されていく。

文庫本で上下巻合わせて千ページを越えるかなりのボリュームだが、読み出したらやめられないおもし

ろさだった。これも現在絶版みたいだ。う~ん、なんかさみしい。