読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

荒俣 宏「ゑびす殺し」

イメージ 1

この本を開いたとたんに、脳みそをとろけさせる程の強烈な匂いを感じた。

異常な状況のなか、それぞれの物語はみなフリークスでありながら、きちんと正装してパーティの用意

をしている。

まるで夢の中の出来事のようなこれらの物語たちが、ゆがんだ魔力を発しているのは確かである。

腐臭にも似た禍々しさの中に漂う幻想性。忌み嫌うべきものなのだが、惹きつけられるのも確かだ。

本書には五つの短編がおさめられている。

巻頭を飾るのは表題作である「ゑびす殺し」。殺しというからには犯罪がおこるわけなのだが、ここで

殺されるのが、あの七福神の「ゑびす」だというのだから驚いてしまう。その他七福神オールスター

で語られるこの異常な物語は、幸田露伴に捧げられている。


「長生譚」も寿老人が主人公の幻想譚。ラストの映像は、夢に出てきそうなほど忌まわしい。なぜ、こ

ういう話が荒俣氏の手にかかると生臭くなるんだろう?この作品は夢野久作の文章を思い浮かべつつ書

いたそうである。


「迷龍洞」は、かの九龍城が舞台。あやしげな界隈に龍が息づく。しのつく雨と、猥雑な場所。オカル

トの匂いに彩られた素敵な幻想譚だ。この作品は五木寛之氏を心に念じて書いたそうである。


蟹工船」は、本書の白眉である。もちろん主人公は小林多喜二。荒俣氏の饒舌な文章によって現代に

蘇るプロレタリア文学。だが、そこにはやはり生々しい腐臭が漂う。


「恋愛不能症」は、森林太郎が主人公の変則的な恋愛譚。ドイツで繰り広げられる正常と異常の狭間の

物語は死を見つめる静謐な目が清々しくさえある佳品。本書は渡辺淳一氏に捧げられている。


以上5作品。それぞれ短い物語ながら、強烈な個性をはなって印象深い。

腐臭を放つ物語の好きな方は、是非どうぞ。