読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

アリステア・マクラウド「彼方なる歌に耳を澄ませよ」

イメージ 1

見たこともない、行ったこともない異国の話なのに、どうしてこんなに懐かしいんだろう?

ここに登場する人たちは、ぼくの心の奥底にある特別な感情を呼び起こす。

それは家族に対する愛、積み重ねてきた歴史への敬意、人間としての誇りなどであり、忘れがちだが絶対

誰の心にもある感情なのである。

18世紀末にスコットランドからカナダに渡ったハイランダーの一族。

けっしてなだらかでない厳しい家族の歴史なのだが、そこには一族の結束と誇り、素晴らしい思い出があ

った。

クラウドが13年かけて書き上げたこの本を読むと、心が掻き乱されるにもかかわらず、優しい気持ち

になる。

彼らが歌うゲールの歌。それは、心を結ぶ不思議な力を持つ。

歴史を重ねても変わることなく続く歌。それは血は水よりも濃いということを思い起こさせてくれる。

けっして忘れてはいけないこと、疎かにしてはいけないこと。一族で築きあげた歴史が、幾多の思い出を

伴ってよみがえる。

いつまでも終わって欲しくない物語が終わってしまった。

クラウドは至宝の作家だ。