読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2009-07-19から1日間の記事一覧

佐藤亜紀「雲雀」

前回読んだ「天使」で、この著者に完全降伏したわけなのだが、本書を読んでまた頭を垂れた。 凄すぎる。あまりにもぼくが知ってる小説作法からかけ離れすぎて本書を読んでる間中、頭の中はフル回 転だった。しかし、それが心地よい。感覚が研ぎ澄まされるよ…