読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

鳥越 碧「一葉」

イメージ 1

樋口一葉といえば「にごりえたけくらべ」を書いた人というくらいしか認識なかったし、その作品に接

したこともなかったのですが、そうか、この人はこんな思いをして小説と向き合っていたんだと新鮮な気

持ちで読みました。

彼女は天才でした。

でも天は、そんな彼女に天才として背負うべき宿命を与えました。身内にふりかかる数々の不幸、抜け出

ることのできない借金まみれの窮乏生活。遂げることかなわぬ恋情。しかし、大きく変わりゆく時代の流

れに立ち向かいながら、凛とした己を貫いていく夏子(一葉の本名)の姿は、無残ながらも清々しい。だ

からこそあまりにも薄幸なゆえに、なおいっそう揺らぐ自分を戒め、迷う心に鞭打つ姿は読んでいて胸か

きむしる思いでした。薄幸が、彼女を動かし後世に残る作品が書けたのだとしたら、いったい何が正しく

て何が幸せなのだろうかと立ち止まって考えてしまいます。

ようやく世間にも認められ、さあこれからという時に一葉はこの世を去ってしまう。精一杯駆け抜けたあ

まりにも短い人生でした。当時の文人達はこぞって、その早すぎる死を嘆いたそうです。解説の児玉清

を真似するわけではないですが、本書を読んで本当に生身の一葉がぼくの中に入り込んできました。本書

は、それほど生き生きと一葉を描き出している。

オススメです。