読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」

イメージ 1

この本は、ぼくが勝手に決めている感涙SFベスト3の一冊です。

まず、作者の名前に注目してください。どう見ても男名ですよね。でも、この作者女性なんです。

彼女がデビューしたのは60年代も後半、そして女性だということが発覚したのが76年。その間、彼女

は男性作家として、SF界にその名を馳せていました。

彼女は、自分の正体が暴露されたあと、数本の作品を書いて、1987年にアルツハイマーの夫を射殺後

自らの命も絶ちました。享年72歳。彼女が歩んできた人生は、波乱に満ちた劇的な人生でした。

そして、今回紹介するこの「たったひとつの冴えたやりかた」は、そんな彼女が正体をばらされ、失意の

日々を送っていた間に出版された本なのです。ということは、彼女が本書を書いたのは70歳代なんで

す。

驚きませんか?ぼくは、正直驚きました。本書を読んで、二度びっくりです。

どうでしょう、この新鮮な感覚は。とても、70を超えた老女の手になる作品とは思えない。

バリバリのSFでありながら、そこには躍動する人間がいました。まったく基本的な人間ドラマが描かれ

決してハッピーエンドではない作品たちに、重層的な世界観を与え大きな感動を呼びました。

たとえば「衝突」という作品は、ファーストコンタクトと、それにつながる戦争を描いているのですが、

一触即発の危機を回避するために登場人物たちがとった行動は、涙なくしては読めません。

表題作においては天真爛漫な少女を主人公にすえ、初の星間旅行に飛び出すユーモラスな冒険物語風に始

るのですが、冷凍睡眠から覚めた少女の頭の中にエイリアンが寄生し、お互い意気投合して友人関係を保

つかにみえた矢先、思わぬエイリアンの秘密が浮かび上がってきます。この表題作の結末も苦い。

だが、それゆえに忘れられない作品となっているんです。

表紙が少女マンガ風なのがちょっといただけないですが、どうぞ手にとってみて下さい。

必ず満足されることでしょう。