読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

柚木麻子「私にふさわしいホテル」

イメージ 1

 作家として世に出る野望に満ちた三十路の女性が主人公。彼女は三年前にあまりメジャーでない文学新

人賞でデビューしたものの同時受賞したアイドル女優が注目を浴びたため、目立たぬ扱いを受け一ヶ月後

には本を出した女優とは対照的にいまだにくすぶったままだ。そんな彼女が作家として名声を確立するま

での過程を連作形式で描いているのが、本書「私にふさわしいホテル」なのだ。

 なんといっても、この主人公である中島加代子の燃え上がる情熱がすごい。作家になるために、手段を

選ばずなりふり構わず突進してゆくさまは、異様であるがゆえ極上のユーモアとなって描かれる。自分を

売り込むために超有名作家を罵り足蹴にし、編集者を抱き込み、着実に名声を高めてゆくところが本書の

旨味だ。だが各短編それぞれシチュエーションを変えてあの手この手で描いてみせてはいるが、パターン

は同じだから安心して読めると共に読んでいくごとに目新しさはなくなってゆく。そこが少し残念だが、

ここで描かれる新人作家の辿るイバラの道は読んでいて厳しさに身震いする思いだ。実名で登場する有名

作家や編集者とのやりとり、まだ作家としての自信がつく前の右も左もわからない時に陥る疑心暗鬼。数

々のプレッシャーを乗り越えてつかみ取る創作への意欲。賞をとってデビューするのはあくまでもきっか

けであって、それから後が本当に困難な道なのだ。次々と新しく良作を書くことができるのか?作家にな

るということはかように難しいものなのだ。いまさらわかったことじゃないけどね。

 ひとつ気になったのが、視点の変化だ。主人公の目線に固定するのではなく編集者や大作家の視点でも

描かれるのだが、それがなんとも散漫な印象を受けた。なんか統一感がないんだよね。
 
私にふさわしいホテル