読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

宮内悠介「盤上の夜」

イメージ 1

 本書にはゲームを主題に据えた短編が六編収録されている。収録作は以下のとおり。

 1 「盤上の夜」

 2 「人間の王」

 3 「清められた卓」

 4 「象を飛ばした王子」

 5 「千年の虚空」

 6 「原爆の局」

 それぞれ扱われているゲームは以下のとおり。

 1 囲碁

 2 チェッカー

 3 麻雀


 5 将棋

 6 囲碁

 
 これらのゲームの中で、ぼくがルールを知っているのは将棋だけ。しかし、そんなアウェイな状況にも

関わらずぼくは結構これらの作品を楽しんだ。確かにそれぞれのゲームに関する専門用語が頻出する場面

もあり、特に麻雀や囲碁などはそういう箇所が多かった。はっきりいってチンプンカンプンだ。なのに飽

きることなく読めてしまったのである。

 なぜか?それを説明して本書の感想に変えようと思う。

 ここで描かれるのはゲームの世界に生きる真剣師の物語なのだ。真剣ゆえにそこでは命が磨り減らされ

てゆく。力と力が拮抗し、そこに張りつめた緊張がうまれる。それはまさに息詰まる瞬間であり、現世か

ら隔絶された亜空間なのだ。まして、語られる話は、四肢を失った天才女流棋士や、チェスの原型である

チャトランガという遊戯を考案した仏陀の息子や、原爆が落ちた日に広島で打たれた碁についての話なの

である。いささか観念寄りの傾向があり、SFというカテゴリーよりも幻想小説に近いような雰囲気をま

とってはいるが、これが面白くないわけがない。そりゃあそれぞれのゲーム自体を熟知しているほうがよ

り迫真性が強調され、物語の強弱を十二分に味わえるのは間違いない。しかし、それがわかっていなかっ

たとしても本書は十分鑑賞に耐える短編集なのである。なぜならそれぞれのゲームやテーマが変わったと

しても、作者は常に一本の太い芯を据えていて、それは本質を見極めるということに直結しているのだ。

時にそれはゲームの方向性でもあり、人の生き方でもあり、物事の考え方であったりもする。すべてにお

いて真剣に取り組みそこに存在する唯一無二の本質を掴みだす。その過程がまさにスリリングな醍醐味と

なっているのだ。

 とまあ、こんなことをガツンガツンと叩き込まれながら本書を読んでいた。それほどに刺激的な一冊な

のだ、本書は。