読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

マーティン・ウォーカー「緋色の十字章 警察署長ブルーノ」

イメージ 1

舞台はフランスの片田舎。近くに有名なラスコーの洞窟壁画のある風光明媚な村サンドニ。住民はみん

なが顔見知りで、誰が何をしたかなんて噂がすぐに村中をかけまわる。主人公である村でただひとりの警

官兼警察署長のブルーノはこの村とそこに住む人々を心から愛していた。だがそんな長閑な村で、残忍な

殺人事件が起こる。戦争の英雄であるアルジェリア人の老人が腹を鉤十字の形に切り裂かれて殺されたの

だ。鉤十字といえばナチス、そして殺されたのはイスラム文化圏の老人。平穏だった村にきな臭い空気が

漂う。重大事件に国家警察や憲兵隊が捜査の全権をまかされ、ブルーノはサブ的な立場ながら独自に事件

の調査を開始するのだが・・・・。
 
 すごく読みやすいミステリだ。雰囲気はいたってコージー。明るい陽射しときれいな景色、そして何よ

りうれしいのが随所に登場するうまそうな食べ物。ここに登場する人々は素朴で飾らない人ばかりなのだ

が、みんながみんな本物志向なのだ。だからみんな何が一番いいものかをわかっている。それがまずうら

やましい。そして更に本書を魅力的にしているのが主人公であるブルーノの愛すべきキャラクターだ。彼

は不幸ともいえる生い立ちを経て、いまはサンドニの村で誰からも愛されている警察署長を務めている。

三十九歳で独身、菜園で野菜を育て地元の子供たちにラグビーやテニスを教え、まだ青い胡桃の実をしこ

んで作る胡桃ワインはかなりの上物。料理もお手の物で、トリュフ入りのオムレツなんかは絶品なのだそ

うだ。どうですか、こういう人が家族や友人にいたら楽しいんじゃない?だから本書はそんな彼をとりま

く日常の描写が素晴らしく、ミステリそっちのけでそこを堪能してしまったほどなのである。

 で肝心のミステリ部分なのだが、こちらはそんなコージーな雰囲気とは正反対のハードな真相で、まあ

色々引っかかる部分はあるにしても動機が歴史の暗部にからんでくるあたり結構ガツンとくる。でも、そ

の解決方法がいままでにないものだったのでほんと驚いた。ミステリ的にはどうかと思うが心情的にはす

ごく納得のいくなんとも不思議なラストなのだ。
 
 というわけで、このシリーズこれからも続けて刊行していって欲しいと思った次第。ほんと、ここで描

かれる世界は気持ちいいんだよ、みなさん。