読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

リンウッド・バークレイ「失踪家族」

イメージ 1

ホームズ譚の挿話である「ジェイムズ・フェリモア氏の失踪」を例に挙げるまでもなく、劇的な失踪事件

というものはミステリの題材として、とても魅力的だ。

本書はそんな不思議でショッキングな失踪事件で幕を開ける。14歳のシンシアが朝目を覚ますと、自分

以外の家族全員が消えてしまっていたのだ。これは、悪夢以外のなにものでもない。昨日まで、普通に暮

らしていた家族が突然いなくなってしまうなんて、理解の範囲を超えている。彼女は母の妹である叔母の

テスにひきとられる。そして25年の月日が経ち、いまでは愛すべき夫と一人娘と共に平和な家庭を築い

ていた。だが、当然のごとく彼女の心の中にはあの失踪事件が癒えない傷となって残っている。どうして

突然いなくなってしまったのか?自分は捨てられたのか?それとも自分以外の家族全員が殺されてしまっ

たのか?だとすれば、どうして自分だけが生き残っているのか?

本書の語り手はシンシアの夫のテレンスだ。彼は心底から妻を愛している。だが、時々妻の度を越した慎

重さに辟易することもある。しかし、彼女は誰も経験したことのないような悲劇をくぐり抜けてきたのだ

と自分を納得させていた。彼も妻の体験した事件の真相を知りたいと心の底から願っていた。そんな彼ら

に転機がおとずれる。少しでも状況が変わればいいと思ってテレビ番組に出演したのだ。そして、それを

境に彼らの身辺で不可解なことが起こりはじめる。よく見かける茶色の車、家を見張る人物、留守中の家

の中に置かれてあった古ぼけた帽子、そして予期せぬ殺人。25年の歳月を経て、あの失踪事件の真相が

ようやく明らかにされるのか・・・・・・。

死以外に身近な人がいなくなるなんて状況は、まずないのだ。小さな子供なら誘拐ということもあるだろ

うが、シンシアは父、母、兄の三人を同時に失っているのである。これは当事者にとっては最悪の悪夢だ

が、ミステリの謎としてはシンプルであるだけに非常に吸引力がある。

だから、真相が陳腐だったらまったくの興醒めになってしまうのだ。ゆえに、このパターンのミステリは

とてもデリケートで難しい。ぼくの乏しい読書遍歴の中では、このパターンで読むに耐えるミステリはハ

ワード・ブラウンの「夜に消える」とヒラリィ・ウォー「生まれながらの犠牲者」ぐらいだ。どちらかと

いえば「夜に消える」のほうが本書の状況に近いかな?だって出掛け先でちょっと目を離したすきに、妻

がいなくなってしまうのだからね。

とにかく、本書はぐいぐい読ませる。特に中盤を過ぎてからの展開はかなり劇的だ。話の辻褄もしっかり

あってるし、ラストで小技を効かせたツイストがあるのもよかった。そして、なにより最後のページでし

っかり泣かせてくれるのである。少しシンシアの造形が薄い気もしたが、それはまあ瑕疵にはならないだ

ろう。本書が初紹介の作家らしいが、次が出たら、また読んでみようと思わせる本だったのは間違いな

い。オススメですよ。