読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ジェフ・ニコルスン「装飾庭園殺人事件」

イメージ 1

 英国お得意のちょっと悪趣味で普通じゃないミステリ。悪趣味といったら語弊があるかもしれない。だ

ってここで描かれる様々な事柄って、人間にはつきものなのだから。それがモンティパイソンに連なるイ

ングランド式ブラックジョークで少し強調されているのが本書「装飾庭園殺人事件」の世界なのだ。
 
 発端はある男の死ではじまる。テレビにも出演している著名な造園家リチャード・ウィズデンがロンド

ンのホテルで自殺したというのである。状況はいたって明確に自殺を指し示しているにも関わらず、美貌

で少し陰のある彼の妻リビーは、その死に疑いを抱き独自に調査を開始する。彼女は夫の死に関わる人物

やヒントをくれそうな人物のもとにおもむきそれぞれに調査を依頼する。
 
 本書はその調査を依頼された様々な人物たちの告白で成りたっている。リチャードが死んだホテルの警

備責任者、ウィズデン夫妻にゆかりのある医者、英文学教授などなど。彼らが独自の観点で動き調査し考

えを述べてゆく。もちろん真相は藪の中であって、状況もおなじくして憶測がとびかう。しかし、常に背

後ですべて掌握しているかのように動くリビーの姿があるのだ。あのピンチョンの「競売ナンバー49」

で、かつての恋人の死にによって翻弄されるエディパが行く先々で啓示を受けるように、本書の中ではリ

ビーによって動かされる駒たちが数々のキーワードによって結びつけられてゆく。そう、本書のリビーは

まるで逆エディパなのだ。読み手はそのことを強く意識する。
 
 しかし英国。そこは一筋縄ではいかないラストを迎えることになる。リチャード・ウィズデンが死んだ

ホテルに集められる一同。そこで明かされる驚天動地の真相。実のところ、ぼくは『逆エディパ』として

の物語として本書をとらえていたので、こういう結末にいたるとは思ってもみなかった。だから驚いた。
 
 その驚きは快感だった。本格ミステリとして本書に挑むと肩透かしをくらうかもしれないが、変格とし

て楽しめる読者にはオススメである。かなり風変わりなミステリなのですよ。