読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ドン・ウィンズロウ「犬の力(上下)」

イメージ 1

ドン・ウィンズロウがハードボイルド作家だというのは周知のことだろうが、彼がこれほど冷徹で非情な

世界を徹底して描く作家なのだということは誰も知らなかっただろう。なにしろ圧倒的なのだ。何が?

染みわたる暴力と過剰な制裁が。おぼれるほどの暴力と煮えたぎる怒りが。

そうなのだ。ここには想像を絶する世界がある。しかもそれは非現実な世界ではなく、リアルな世界なの

だ。ここで描かれるのはアメリカとメキシコを舞台にした麻薬戦争。絶えることのない魔の薬に群がる人

間と、それを商売にして国を動かす権力を手にする麻薬カルテルの一族たち。そして、混沌とした権力の

狭間で正義を貫こうとあがく麻薬取締局(DEA)の捜査官アート・ケラー。この対峙する正義と悪の構

図に高級娼婦やアイルランド系のギャングなどが絡んで壮大なサーガともいうべき三十年にわたる戦いが

描かれるのである。

まず驚いてしまうのが、いままでニール・ケアリーのシリーズで慣れ親しんできたウィットや機知に富ん

だ会話や少々ベタな展開を自家薬籠中のものにした親しみやすい文章が、鋭利で削ぎ落とされた進行形の

文章で徹底されていることだ。この描き方はいままでラヒリの「その名にちなんで」でしか読んだことが

なかったのだが、これがハードボイルドの形式にとてもよく合っている。進行形で表現することによって

登場人物の行動が息遣いと共に感じられ読み手もどんどん熱くなってしまう。まるで急かされるように読

み進めていくのだが、短いセンテンスがそれを許さない。ヒートアップを抑圧された心情はストイックな

感情を呼び起こす。激情がほとばしることなく身内にたまっていく。だから、ぼくはこれを続けて読むこ

とができなかった。まんまとウィンズロウにしてやられたというわけなのだ。

ともかく、本書には圧倒される。もうこの一語に尽きる。とにかく大きな力がのしかかり、首筋をがっち

り喰わえこまれてしまうのだ。小説を読んでいて、胸を突き破って慟哭がはじけ出そうになったことは初

めてである。

しかし、主要な登場人物の死に関しては非常にシンプルに素っ気ないほど簡潔に描かれる。なのにこれが

なかなかのインパクトなのだ。味気ないはずの描写が鋭く胸に突き刺さる。う~ん、もう見事に作者の術

中にはまってしまってるんだな。

正義の鉄槌が振り下ろされた先には何があるのか、またそこにあったものはどうなってしまったのか。長

い物語が終焉をむかえるとき、我々の目の前にはどんな光景が広がるのか。どうか未読の方は自分の目で

確かめていただきたい。本書にはそれだけ多くのものが詰まっている。得るものも失うものも多い。無駄

な感情を排し、とにかく突き進む。

そう、それこそまさしく犬の力。