読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

栗本薫・選「いま、危険な愛に目覚めて」

イメージ 1

栗本薫愛するところの『耽美小説』ばかり集めたアンソロジーである。

これは日本ペンクラブが編纂していたアンソロジー集「日本名作シリーズ」の一冊であり、現在でも売

られているのかどうか知らないが、それぞれのテーマをもったアンソロジーがその分野に明るい選者に

よって選びぬかれたなかなかユニークなアンソロジー集であった。その中では半村良・選の「幻想小説

名作選」と筒井康隆・編の「実験小説名作選」というのを読んだが、ツボをおさえたセレクションでそ

れぞれ楽しめたのは言うまでもない。まだ読んでないアンソロジーにも藤本義一・選の「心中小説名作

選」や池波正太郎・選の「捕物小説名作選」、眉村卓・選「幻覚のメロディ」、佐野洋・選「最大の殺

人」などなどがあり、絶版だったらどうにかして手に入れたいと思っている^^。

で、今回紹介するのが栗本薫・選の「いま、危険な愛に目覚めて」なのである。

収録作品は以下のとおり。

◎ 川端康成  「片腕」

◎ 江戸川乱歩 「踊る一寸法師

◎ 栗本薫   「侏儒」

◎ 赤江瀑   「獣林寺妖変」

◎ 司馬遼太郎 「前髪の惣三郎」

◎ 筒井康隆  「会いたい」

◎ 連城三紀彦 「カイン」

◎ 宇能鴻一郎 「公衆便所の聖者」

◎ 小松左京  「星殺し」

◎ 森茉莉   「日曜日には僕は行かない」

なかなかバラエティに富んだセレクションではないか。

本来なら、それぞれの作品について軽く感想をかくのだが、それをすると長くなりそうなので割愛。

とにかく、よくこれだけ集められたなと感心してしまう。この中のほとんどが今でも他の本で気軽に読

める作品だ。だが、栗本薫宇能鴻一郎森茉莉の作品は、いまでは本書でしか読めないのではないだ

ろうかと思われる。特別に興味を惹かれた方は本書にあたっていただきたい。「侏儒」は乱歩が書いて

いたとしてもおかしくない幻妖ミステリ短編。「公衆便所の聖者」は奇妙な感触を残すルポ的な作品。

こんな世界があるのだ。まったく縁のない世界ながら、読んでいて不快感はそれほどわかなかった。

「日曜日には僕は行かない」はその丹精な筆勢にためいきの出るような作品。一字一句疎かにはされて

いない磨き抜かれた文章を堪能した。

というわけで、普段読むことのない『耽美』の世界を十二分に味わうことのできるこのアンソロジー

ぼくみたいな人間にはある意味カルチャー・ショックであった。

う~ん、人間って奥が深いものなのだなぁ。