読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

リチャード・マシスン「奇術師の密室」

イメージ 1

みなさんは「探偵スルース」や「デストラップ・死の罠」という映画をご存知だろうか?

どちらも古い映画なので、もしかすると知らない人も多いかもしれない。「探偵スルース」は1973

年、「デストラップ・死の罠」は1983年の作品である。もう、一昔前だ^^。

ぼくも、これらの映画をリアルタイムで観たわけではない。レンタルビデオで借りてきて観たのである。

「探偵スルース」も「デストラップ・死の罠」も舞台劇を映画化したもので、どちらもその特質がとても

よく似ている。登場人物は二人。舞台はほとんどが屋敷の中。そして、丁々発止の騙しあいと、二転三転

するどんでん返し。もう、ミステリマインドをくすぐる興趣満点で、観てから十年以上たっているにもか

かわらず、いまだにこれらの映画を超えるミステリ映画は観たことがないと断言できるくらい素晴らしい

映画なのだ。

で、話はやっと今夜の主役である「奇術師の密室」にバトンタッチすることになる^^。どうして、いき

なり映画の話をはじめたかというと、本書がこの映画史に残る傑作ミステリ映画を模倣して書かれている

からなのだ。本書の語り手は舞台で脱出マジックに失敗して植物人間になってしまった老マジシャン。

彼は、目だけが動かせるという状態で車椅子に座らされている。彼がいるのはマジックの小道具が所狭し

とならべられたギミック満載のマジックルーム。そしてここに登場するのが、植物人間になった父親の跡

を継いで立派な2代目となった息子及びその妻、妻の弟、マネージャーの計4人。途中で加わる保安

官を入れると計5人。登場人物はこれだけである。さらに付け加えるならば、舞台はマジック・ルームの

中のみ。さて、いったいここで何が行われるのか?

純粋に楽しめたといっていい。確執と疑念が渦巻き、短い章が終わるたびに驚かされ、上がったり下がっ

たりの繰り返しに目が回りそうなくらいだった。マシスンの筆は時に悪ふざけが過ぎ、いささか過剰な演

出となってる部分もあるのだが、それはご愛嬌^^。まさしく『してやったり』のオンパレードなのであ

る。かの名作映画とくらべると見劣りするのは否めないが、いまの時代にこのオーソドックスな設定でこ

れだけ楽しませてくれたんだから、文句もいえないのである。

ひとつ断っておくが、本書に本格のトリックを求めてはいけない。なにしろ舞台はマジック・ルームなの

だ。ここには種も仕掛けもたんとある^^。マジシャン相手にまともに張り合おうなんて気で読んでいて

は、興が削がれるというものだ。ここはひとつ、受身になって大いに騙される快感に酔って欲しい。

いやあマシスン御大いくつになるのか知らないのだがもうかなり高齢のはずなのにやってくれますねー。