読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

池井戸潤「シャイロックの子供たち」

イメージ 1

この人は本書が初めてである。銀行畑出身で、江戸川乱歩賞を受賞してデビューしたというのは予備知

識で知っていた。本書を手にしたのは、タイトルが気に入ったのと内容がミステリっぽくなかったから

である。ここで断っておくが、ぼくは銀行と生命保険のことについては無知もいいとこで、その知識は

おそらく中学生にも劣るかも知れない。だから、銀行の内情に精通した専門知識オンパレードのミステ

リなど、まったく理解できないと危惧したわけだ。といっても、未知の分野を扱っている作品に傑作は

多いし、またそれを読んでおもしろかった本も数多くある。例えばダムの構造なんてまったく知らない

のに真保裕一ホワイトアウト」はとても興奮して読んだし、航空知識なんて皆無なのにネイハム「シ

ャドー81」やブロック「超音速漂流」なんて涙チョチョギレもんの傑作だと思った。そういう作品を

読んで、『知らない世界を体験できるって、やっぱり読書っていいよなぁ。知識も広がるし』なんて思

ったりもした。

でも、銀行物に代表される経済ミステリーなどは一切読んでこなかった。どうも食指が動かなかった。

収入印紙の意味がまだよく理解できてない人間に、そんな本の内容が理解できるわけがないと思ってい

たのだ。

で、本書である。舞台は東京第一銀行長原支店。ここで蠢く有象無象が連作形式で描かれる。

最初にミステリっぽくないと書いたが、本書はミステリである。最後まで読んだらそうだった。ここが

おもしろいのだが、第一話では謎は出てこない。ここで描かれるのは部下と衝突し殴ってしまう副支店

長の姿である。第二話では、業務課に配属されたバンカーの重圧に耐える姿が描かれる。いたって普通

の銀行の日常だ。どこにでもありそうな話だ。だが、第三話から様相が変わってくる。業務終了後の清

算で百万足らない事実が発覚するのだ。この百万の紛失が呼び水となって、銀行内で暗躍する不穏な影

がちらつくようになる。このあとの展開は、おもしろい。知らない間にページが進んでる。感心したの

が本筋とは関係ない形で挿入される第四話「シーソーゲーム」。これのラストにはアッ!といってしまっ

た。滑稽なのに肌が粟立つ感じだった。

で、百万の紛失に端を発した事件は様々な人の手を介して、その真相が明かされることになる。ラスト

では、予想もつかなかったどんでん返しもあった。まさか、こんなことになっていようとは・・・。

というわけで毛嫌いしていた銀行を舞台にした本書は、大当たりだった。この人、他の作品も読んでみ

たくなった。実力のある人だと確信した。ほんと、おもしろかったなあ。