読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

平山夢明「メルキオールの惨劇」

イメージ 1

物語は破綻しているが、魅力ある展開だった。

人の不幸をコレクションする男の依頼を受けた「俺」は、自分の子供の首を切断した女の調査に赴く。

おお、なんという凄まじい設定!身の毛もよだつとはこのことではないか。これは心してかからねばなる

まいてと思ったあなた、いやいやちょっとお待ちください。これね、読めばわかるけどホラーの体裁で出

版されているにも関わらず、どちらかといえばユーモアさえ感じられる作品なのである。

ぼくは、この本読んでこの人いっぺんに好きになってしまった。

無粋を承知で言わせてもらうなら、センスがいいのである。ホラーとしてではなく、物語世界を構築する

にあたってそのセンスの良さが光っている。

上記のあらすじを読むと、まったく不気味な「黒い家」系のホラーのように思ってしまうのだが、いざひ

もといてみると、なんとも奇妙なユーモアのあるファンタジーのようだった。

それも読み手の脳髄をビンビン刺激するかなりヤバい作風だ。暴言を承知で言わせてもらうなら、もう筋

などどうでもよいとまで思えてくるくらいヤバいのだ。

著者の平山夢明は、現在長編小説としては本書と「SINKER ― 沈むもの」の二冊しか発表していな

い。短編に関しては井上雅彦編の異形シリーズにいくつか寄稿しているが、長編はこの二作のみなのであ

る。その他実録怪談や都市伝説を集めた本は何十冊も出てるが、これは小説とは思わない。

う~ん、この人の小説をもっと読みたい。というか、はやくもっともっと分厚い本を出して欲しいもの

だ。

それにしても、ピーナッツ・バターってああいう風に作るのかあ。なるほど、勉強になるなあ。