読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ロバート・シェクリィ「人間の手がまだ触れない」、「宇宙市民」

シェクリイは、一時期短編の名手として名を馳せた。

読めばわかるが、実際シェクリイの短編は小気味よくユーモアを漂わせ、たんなる奇想的な作品に留ま

らない機智にあふれている。

彼が好んで描くのは、異星人とのファーストコンタクトだ。

今回紹介する二冊の短編集は、早川文庫から出てた二冊である。

ぼくは「宇宙市民」のほうから読んだ。

イメージ 1

内容がどうも筒井康隆に似ているなと思っていたら、解説でそのことに言及していた。シェクリイは日

本の作家に多大な影響をおよぼした人なのだそうだ。

温かみと風刺があり、アイディアストーリー特有の機智にあふれている。

「触るべからず」、「徘徊許可証」の偉大な勘違いには笑ってしまうし、「狩猟の問題」の憎めないユ

ーモアや、タイムパラドックスの逸品「時間泥棒」などバラエティーに富んだ楽しさだった。

これと比べて「人間の手がまだ触れない」のほうは、少し落ちる。

イメージ 2

表題作と映画にもなった「七番目の犠牲」が良かったくらいだろうか。

しかし、シェクリイはいい。古きよき時代のSFのもつ温かさがあり、安心して読める。

スタージョンの次は、このシェクリイが再評価されないだろうか?