読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

藤沢周平「消えた女」

イメージ 1

ぼくが一番最初に読んだ藤沢作品が本書だった。

読み終わって、そのあまりにもあざやかなラストのシーンにとても感動したのをおぼえている。

いままで読んできた本の中でも、1、2を争う名ラストシーンだと思う。

体裁も時代物ながら、そこに流れるスピリットはまぎれもないハードボイルドのそれである。

主人公である伊之助のカッコよさといったら、これに対抗しうると思えるのはフィリップ・マーロウ

らいではないだろうか。

屈折している人物像が秀逸で、男の世界に生きる孤高の騎士然とした姿にシビれてしまった。

話の展開もミステリのツボを的確におさえたおもしろさで、バラバラだった事柄が次第にまとまってい

く過程は読んでいて気持ちがよかった。

このシリーズはあと二作出ている。ぼくは、次の「漆黒の霧の中で」までしか読んでない。最後の一冊

「ささやく河」はもったいなくて読めないのだ。

時代小説が苦手な方にも是非読んでもらいたい。ミステリ好きなら尚更である。