読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

マーク・スプラッグ「果てしなき日々」

イメージ 1

丁度一年くらい前にでた本である。

全体的には○。◎じゃない。

月並みな展開といえば月並み。しかし、映画的に解釈すれば、これはなかなか印象に残る映画になりそ

う。

作者があまりにも登場人物にたちに対してやさし過ぎるので、全体テーマとしての『許し』が強調されて

ないのが少し残念。会話が活きてないのもちょっと残念。

アメリカのド田舎の自然と、そこで生活する真っ当な人たち。過去に縛られ、それを引きずる人たち。

憎しみとそれを乗り越える大きな愛。

起こった事柄の表面だけで判断しては早計だとわかっていても、ことそれが肉親にまつわる事だと、どう

してもそうなってしまう。

罪を背負わす対象が、どうしても必要になってしまう。それがなければ、自分が乗り越えられない。

『許す』という行為がいつ成されるのか。

どうすれば『許す』ことが出来るのか。重いテーマであり、幾多の作品で描かれてきたこの一種の贖罪テ

ーマが、本書では二人のキーマンによって微妙にボカされている。

この二人が絡んでくることによって、一本の筋が分散されて『許し』の行為が薄れてしまう。

じゃあ、『許し』を除外して接してみたらどうなんだろう?

そうすると、映画的なクライマックスの残る作品になってしまう。

ちょっとおもしろいでしょう?