読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ジュンパ・ラヒリ「停電の夜に」

イメージ 1

現在、アメリカでもっとも注目されている作家の一人、ジュンパ・ラヒリの第一短編集です。本にのって

いる著者近影をみて驚かないで下さい。それほど、この人は美しい。インド系だから、和洋が最上の形で

ブレンドされた神々しいまでの美しさです。

それはさておき、とにかく本書は読んでいて心地いい。

派手な装飾もなければ、大きな事件が起こるわけでもない。ただ普通の人々の日常が描かれ、家族、身内

といった小さな世界で話が進行するだけ。

だが、どうでしょうこの豊かさは。全編にわたって強弱はありますが何がしかの悲哀が漂っています。

祖国を離れて異国で暮らす悲哀。インドの底辺で生きる人々の悲哀。大胆さと慎ましさが微妙にブレンド

されクールな筆勢のなかに様々な悲哀といくばくかの笑いをにじませる。謙虚さとたくましさが同居して

いるような心やすまる安心感。

ラヒリの視点は高みから見下ろすようでいて、しっかりやさしい。描く人々はスマートで民族色が特に強

調されてませんでした。

ほんとうに、この人は得がたい作家です。

一生ついていきますと、心に誓いました。