読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

英国紙ガーディアンが選ぶ必読小説1000冊!

 英国の新聞、ガーディアン紙が、専門家や批評家らによって選出した長編小説限定の必読書1000冊なのだが、一言メッセージにも書いてあるとおり、ぼくが既読なのは75冊。それぞれジャンルに分けて選出されている中で、やはり一番多く読んでいるのは〈Crime〉、続いて多いのが〈Science fiction and fantasy〉ということで、ま、妥当なところだね。で、その既読の75冊を書きだしてみたのが下のリスト。

〈Comedy〉
1.『やんごとなき読者』 アラン・ベネット
2.『夜中に犬に起こった奇妙な事件』 マーク・ハッドン
3.『ボートの三人男』 ジェローム・K・ジェローム
4.『グノーシスの薔薇』 デビッド・マドセン

〈Crime〉
5.『トレント最後の事件』E・C・ベントリー
6.『野獣死すべし』 ニコラス・ブレイク
7.『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 ジェームズ・M・ケイン
8.『ケリー・ギャングの真実の歴史』 ピーター・ケアリー
9.『三つの棺』 ジョン・ディクスン・カー
10.『大いなる眠り』 レイモンド・チャンドラー
11.『長いお別れ』 レイモンド・チャンドラー
12.『ミス・ブランディッシの蘭』 ジェームズ・ハドリ-・チェイス
13.『そして誰もいなくなった』 アガサ・クリスティ
14.『スタイルズ荘の怪事件』 アガサ・クリスティ
15.『牧師館の殺人』 アガサ・クリスティ
16.『月長石』 ウィルキー・コリンズ
17.『緋色の研究』 アーサー・コナン・ドイル
18.『バスカヴィル家の犬』 アーサー・コナン・ドイル
19.『四つの署名』 アーサー・コナン・ドイル
20.『検屍官』 パトリシア・コーンウェル
21.『アンドロメダ病原体』 マイケル・クライトン
22.『ジュラシック・パーク』 マイケル・クライトン
23.『キドリントンから消えた娘』 コリン・デクスター
24.『罪と罰』 フョードル・ドストエフスキー
25.『アメリカン・サイコ』 ブレット・イーストン・エリス
26.『ジャッカルの日』 フレデリック・フォーサイス
27.『マルタの鷹』 ダシール・ハメット
28.『レッド・ドラゴン』 トマス・ハリス
29.『殺意のシーズン』カール・ハイアセン
30.『ミザリー』 スティーヴン・キング
31.『ドロレス・クレイボーン』  スティーヴン・キング
32.『暗殺者』 ロバート・ラドラム
33.『警官嫌い』 エド・マクベイン
34.『競売ナンバー49の叫び』 トマス・ピンチョン
35.『誰の死体?』 ドロシー・L・セイヤーズ
36.『香水』 パトリック・ジュースキント
37.『時の娘』 ジョセフィン・テイ

〈Family and self〉
38.『ミドルセックス』 ジェフリー・ユージェニデス 
39.『老人と海』 アーネスト・ヘミングウェイ
40.『オウエンのために祈りを』 ジョン・アーヴィング
41.『ユリシーズ』 ジェイムズ・ジョイス
42.『青い眼がほしい』 トニ・モリソン
43.『ライ麦畑でつかまえて』 J・D・サリンジャー
44.『エデンの東』 ジョン・スタインベック
45.『オレンジだけが果物じゃない』 ジャネット・ウィンターソン

〈Love〉
46.『高慢と偏見』 ジェーン・オースティン
47.『嵐が丘』 エミリー・ブロンテ
48.『日の名残り』 カズオ・イシグロ
49.『夜愁』 サラ・ウォーターズ

〈Science fiction and fantasy〉
50.『虎よ、虎よ!』 アルフレッド・ベスター
51.『不思議の国のアリス』 ルイス・キャロル
52.『紙葉の家』 マーク・Z・ダニエレブスキー
53.『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 フィリップ・K・ディック
54.『魔術師』 ジョン・ファウルズ
55.『蝿の王』 ウィリアム・ゴールディング
56.『終りなき戦い』 ジョー・ホールドマン
57.『ねじの回転』 ヘンリー・ジェイムズ
58.『アルジャーノンに花束を』 ダニエル・キース
59.『シャイニング』 スティーヴン・キング
60.『地球最後の男』 リチャード・マシスン
61.『ザ・ロード』 コーマック・マッカーシー
62.『タイムトラベラーズ・ワイフ 』 オードリー・ニッフェネガー
63.『第三の警官』 フラン・オブライエン
64.『ハリー・ポッターと賢者の石』 J・K・ローリング
65.『星の王子さま』 アントワーヌ・サン=テグジュペリ
66.『ハイペリオン』 ダン・シモンズ

〈State of the nation〉
67.『コレクションズ』 ジョナサン・フランゼン
68.『いいなづけ』 アレッサンドロ・マンゾーニ
69.『怒りの葡萄』 ジョン・スタインベック
70.『トム・ソーヤーの冒険』 マーク・トウェイン

〈War and travel〉
71.『闇の奥』 ジョセフ・コンラッド
72.『君のためなら千回でも』 カーレド・ホッセイニ
73.『異端の鳥』 イエールジ・コジンスキー
74.『アウステルリッツ』 W・G・ゼーバルト
75.『スローターハウス5』 カート・ヴォネガット・ジュニア

以上75冊すべて書きだしてみたわけなのだが、これに積読本を加えてみよう。

76.『フロベールの鸚鵡』 ジュリアン・バーンズ 
77.『10 1/2章で書かれた世界の歴史』 ジュリアン・バーンズ 
78.『グッドマン・イン・アフリカ』 ウィリアム・ボイド
79.『金蝿』 エドマンド・クリスピン
80.『キャッチ=22』 ジョーゼフ・へラー
81.『最後の晩餐の作り方』 ジョン・ランチェスター
82.『交換教授』 デイヴィッド・ロッジ
83.『人生使用法』 ジョルジュ・ペレック
84.『イーストウィックの魔女たち』 ジョン・アップダイク
85.『ウィンブルドンの毒殺魔』 ナイジェル・ウィリアムズ
86.『毒入りチョコレート事件』アントニー・バークリー
87.『約束』 フリードリッヒ・デュレンマット
88.『ビッグ・ノーウェア』 ジェイムズ・エルロイ
89.『静かなる天使の叫び』 R・J・エロリー
90.『サンクチュアリ』 ウィリアム・フォークナー
91.『骨と沈黙』 レジナルド・ヒル
92.『殺意』 フランシス・アイルズ
93.『マザーレス・ブルックリン』 ジョナサン・レサム
94.『血と暴力の国』 コーマック・マッカーシー
95.『愛の続き』 イアン・マキューアン
96.『黒と青』 イアン・ランキン
97.『ロウフィールド館の惨劇』 ルース・レンデル
98.『笑う警官』 マイ・シューヴァル/ペール・ヴァールー
99.『二十日鼠と人間』 ジョン・スタインベック
100.『シークレット・ヒストリー』 ドナ・タート
101.『茨の城』 サラ・ウォーターズ
102.『ゴリオ爺さん』 オノレ・ド・バルザック
103.『ワイズ・チルドレン』 アンジェラ・カーター
104.『虫とけものと家族たち』 ジェラルド・ダレル
105.『ウェイクフィールドの牧師』 オリバー・ゴールドスミス
106.『夏の黄昏』 カーソン・マッカラーズ
107.『港湾ニュース』 E・アニー・プルー
108.『ドン・カズムッホ』 マシャード・ジ・アシス
109.『夜の森』 デューナ・バーンズ
110.『ジェーン・エア』 シャーロット・ブロンテ
111.『オスカーとルシンダ』 ピーター・ケアリー
112.『サマルカンド年代記』 アミン・マアルーフ
113.『心は孤独な狩人』 カーソン・マッカラーズ
114.『贖罪』 イアン・マキューアン
115.『風と共に去りぬ』 マーガレット・ミッチェル
116.『ロリータ』 ウラジーミル・ナボコフ
117.『ドクトル・ジバゴ』 ボリス・パステルナーク
118.『瘋癲老人日記』 谷崎潤一郎
119.『ブリージング・レッスン』 アン・タイラー
120.『アクシデンタル・ツーリスト』 アン・タイラー
121.『昏き目の暗殺者』 マーガレット・アトウッド
122.『侍女の物語』 マーガレット・アトウッド
123.『沈んだ世界』 J・G・バラード
124.『クラッシュ』 J・G・バラード
125.『蜂工場』 イアン・バンクス
126.『ダーウィンの使者』 グレッグ・ベア
127.『高い城の男』 フィリップ・K・ディック
128.『アンダー・ザ・スキン』 ミッシェル・フェイバー
129.『ニューロマンサー』 ウィリアム・ギブソン
130.『たたり』 シャーリイ・ジャクスン
131.『器用な痛み』 アンドリュー・ミラー
132.『ビラブド』 トニ・モリソン
133.『タイタス・グローン』 マーヴィン・ピーク
134.『白い闇』 ジョゼ・サラマーゴ
135.『タイタンの妖女』 カート・ヴォネガット・ジュニア
136.『半身』 サラ・ウォーターズ
137.『恥辱』 J・M・クッツェー
138.『夷狄を待ちながら』 J・M・クッツェー
139.『ラナーク 四巻からなる自伝』 アラスター・グレイ
140.『ブラス・クーバスの死後の回想 』 マシャード・ジ・アシス 
141.『ベラミ』 ギ・ド・モーパッサン
142.『駱駝祥子』 老舎
143.『眩暈』エリアス・カネッティ
144.『夜の果てへの旅』 セリーヌ
145.『コールド・マウンテン』 チャールズ・フレイザー
146.『すべての美しい馬』 コーマック・マッカーシー
147.『百年の孤独』 ガブリエル・ガルシア=マルケス
148.『本当の戦争の話をしよう』 ティム・オブライエン
149.『重力の虹』 トマス・ピンチョン
150.『西部戦線異状なし』 エーリッヒ・マリア・レマルク

 と、まるで合わせたように同数の75冊。でも、それを全部読んだとしてまだ150冊。未訳の本が250冊ほどあるけど、それでもあと600冊くらいはまったくノーマークの本があるという計算になる。
いやいや、これは死ぬまでに読むのは到底むりだね。
 それにしても、どうしてジョン・アーヴィングの本がよりにもよって、あの「オウエンのために祈りを」しか入ってないのか(やっぱり「ガープの世界」はマストじゃないの?)とか、そうかと思えば自国の作家のイーヴリン・ウォーディケンズグレアム・グリーンなんか何冊入ってんの?ってくらい選ばれてるし、どうしてクリスティーやカーが選ばれてクイーンやブランドが入ってないのか理解に苦しむし、そもそも「タンタンの冒険」シリーズって漫画じゃないの?

 いろいろ言いたいことはあるけど、でも、やっぱりこういうのって楽しいね。未知の作品を知ることもできるし、しろねこさんがおっしゃるように読書意欲が高まるっていう効能がついてくる。
 どれだけ読めるかわからないが、ま、これからもずっと読書は続けていきますよ。