読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

樋口毅宏「二十五の瞳」

イメージ 1

 誰もがタイトルから連想するように本書は壺井栄二十四の瞳」をモチーフにしている。もちろん舞台

は小豆島。あの小さい島を舞台に平成、昭和、大正、明治の四つの時代の物語が描かれる。それが一筋縄

でいかないのである。それぞれの時代においてさまざまな事件や出来事があるのだが、これがかなり常軌

を逸した物語になっていて、その自由な発想に驚いてしまう。あきらかに実在した人物をモデルにした話

があるかとおもえば、実在した人物そのものを描いた話もあり、まるっきり作者の創作である話まで混入

されて、いったいどこまでが事実でどこからが虚構なのかわからなくなってくる。

 作者の筆は自由自在にすすみ、いったいどこに落ち着いてゆくのかまったく予測できない。全部通して

読んでみてようやく全体を覆う一つの得体のしれない物体が意味をもってくる。タイトルがなぜ二十五の

瞳なのか、その意味がわかった瞬間呆れかえってしまうか、驚愕に打ち震えるかは読む人の感性で大きく

左右されるだろう。

 はっきりいって、この本は完成された作品ではないと思う。それは水準のことではなくて形式の美とし

ての話である。だから洗練や調和から感じられる美からはほど遠い印象を受ける。だが、荒削りのダイナ

ミックな迫力や、粗野だが親しみやすい部分があって、これはこれでたいへん魅力的なのだ。

 なによりもまずその自由な発想に感服した。最近、これほどへんてこりんな話は読んだことがなかった

のでかなりのインパクトだった。そう、ぼくは本書のタイトルの意味を知ったとき、ほんと仰けぞって驚

いてしまったのである。だって、ああた、二十五の瞳があんなことになってるなんて・・・・・。

 この先を知りたい方はぜひ本書をお読みください。きっと驚くことになるでしょう。