読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

古本購入記  2011年 11月

 角川文庫の新刊で「山田風太郎全仕事」という本が出た。ぼくみたいな風太郎マニアには決して見過ご

すことのできない本だ。内容はまったく目新しいものはなく、あらためて知る新事実もない。でもやはり

手元に置いておきたいというのがファン心理というものだろう。この本、買ってきた日から毎日読んでい

るのだが、やはり刺激を受けてしまうのである。風太郎の完璧なエンターテイメント世界にどっぷり浸か

りたい。願わくばあのわくわくする忍法帖の世界で遊びたいと思ってしまうのだ。しかし、いかんせんぼ

くは風太忍法帖の長編物はすべて読んでしまっている。だから、他の作家では決してすることのない再

読をすることになる。過去二回ぼくは忍法帖を再読してきた。「伊賀忍法帖」と「魔界転生」だ。いまま

での読書人生の中でこの二冊だけが再読した本というわけ。本当は再読なんかしないで、どんどん新しい

本を読んでいかなければ、数千冊もある積読本を一生読みきることができないのだが、火がついてしまっ

たものは仕方がない。近々風太郎忍法長編を再読することにしよう。候補としては「柳生忍法帖」か「風

忍法帖」がいいな。もう、読む前からわくわくしてきた。

 というわけで今回の古本購入記なのである。今回は19冊購入。けっこう買ってるね。ラインナップは

以下のとおり。


 「小銭をかぞえる」 西村賢太

 「殺人鬼フジコの衝動」 真梨幸子

 「陽だまりの彼女」 越谷オサム

 「あなたの魂に安らぎあれ」 神林長平

 「今宵、銀河を杯にして」   〃

 「機械たちの時間」      〃

 「我語りて世界あり」     〃

 「天国にそっくりな星」    〃

 「鏡像の敵」         〃

 「毒蛇の園」 ジャック・カーリイ

 「殺人者はそこにいる 逃げ切れない狂気、非情の13事件」 「新潮45」編集部 編

 「踊る陰陽師 山科卿醒笑譚」 岩井三四二

 「はて、面妖」          〃

 「たいがいにせえ」        〃

 「樹影譚」 丸谷才一

 「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」 人間入間

 「柳生百合剣」 荒山徹

 「怪奇礼讃」 E・F・ベンスン/A・ブラックウッド他

 「血のケープタウン」 ロジャー・スミス


 神林長平の本がまとめておいてあったので、思わず複数購入してしまった。この人の本はまだ一冊も読

んでないが、きっと読んでおくべき本なのだと思うのである。

 新刊は2冊購入。


 「密林の語り部」 バルガス=リョサ

 「山田風太郎全仕事」 角川書店編集部 編

 小野不由美の「ゴーストハント」シリーズの最終巻がもう発売になっているのだが、これがまだ購入で

きてない。全巻のオビについている応募券を切り取って、全巻収納できる専用BOXと「特別冊子」をも

らわないといけないから、必ず買わなければいけない。娘も続きが読みたいみたいだしね。