読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

J・G・バラード「殺す」

イメージ 1

 ロンドン郊外の高級住宅地で未曾有の事件が起こる。そこに居住する10世帯すべての大人32人が殺

され、すべての子ども13人が忽然と消失したのである。
 
 警察の捜査では事件の真相は解明されなかった。殺害方法がわかっていても、その動機や子どもたちの

消失の謎にまでは行きつかないのだ。事件から2ヶ月後内務省からの任命で首都警察精神医学副顧問、ド

クター・リチャード・グレヴィルが再調査におもむくことになる。現場を訪れ、警察の集めた様々なデー

タを分析するうちにグレヴィルはある真相に到達する。
 
 まずは話の概要というわけで簡単に紹介してみたのだが、こうやって書いてみるといかにも本書がミス

テリー小説のような印象を受けることに気づいた。断っておくが、本書はミステリではない。バラードが

書いているということで一応SF文庫に分類されているが、SFでもない。
 
 事件が語られ、それを再調査していくという過程はミステリの本道だ。そこには謎があり、求めるべき

答えがある。だが、とてもはやい段階で読者には犯人の目星がついてしまう。そういった意味ではミステ

リとしての興趣はないのだ。物語の最初からつきまとう硬質で冷ややかな雰囲気、情緒的描写を排除した

報告書めいた文体、カテゴライズされる現象たち、そこから導きだされる答えは謎でもミステリでもなく

あまりにも歴然とした必然だ。もうそれにしかたどりつけないのだ。
 
 こうして物語は幕を閉じる。後に残るのは予言者としてのバラードの真意だ。この非現実的な話が、リ

アルな出来事として、ストンと読む者の胸に落ちつくのはバラードが先見性というよりは千里眼的な力を

発揮してわずかな可能性をすくいだしているからだ。物語は続いてゆく。あらゆる可能性をはらんで。起

こるべくして起こってしまった事柄は、数々の現象を引き起こしてゆく。それは誰にもとめることができ

ないのだ。