読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

鈴木光司「仄暗い水の底から」

イメージ 1

水、特に海から得られるイメージは、明るく爽快で開放的なものである。

だが、それと同じくして背中合わせに、暗くてどんよりして密閉的なイメージも孕んでいる。

明と暗。昼と夜の違いで、これほど印象が変わるのも海が生きている証拠である。

本書に収録されている七つの物語は、その海や水をテーマにしたホラー短編である。

印象に残った作品から言及するなら、ラストの「海に沈む森」で描かれる恐怖は悪夢の総大将のような恐

怖で、読んでいて背筋が寒くなった。

映画化もされた「浮遊する水」や「穴ぐら」は生理的な嫌悪をともなう恐怖であり、これはダメな人はま

ったく受けつけない類の話だろう。どちらかといえば、恐怖というより嫌悪が勝ってると思う。

夢の島クルーズ」、「漂流船」、「ウォーターカラー」の三作はホラーそのままのテイストで純粋な恐

怖、それこそ仄暗い海の底から漂ってくる臭気をともなった、闇に蠢くものへの恐怖を扱っている。こう

いうの描かせたらウマイねぇ。肌の粟立つ感じっていうの?もう、とんでもなく気持ち悪くて、究極に恐

ろしい。

「孤島」は、この短編集の中では少し感触が異なっている。ナチュラルな現象を扱っていて、ここには奇

妙な存在も霊現象も登場しない。しかし、嫌な感触である。なんとも形容しがたい作品だ。これは長編に

書き換えてもっと話をふくらませて欲しいなと感じた。

ざっとこんな感じである。水がテーマなだけに、ホント嫌いな人なら生理的に嫌だろうなと思える場面が

多く、そういった意味では虫酸がはしる作品集である。こういうイメージはなかなか頭から離れることな

く、忘れたと思ってもふとしたはずみで思い出したりするのである。たとえば、排水口にからまった髪の

毛を見たときなどに。