読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

リドリー・ピアスン「深層海流」

イメージ 1

この人はこれ一冊しか読んでないのだが、本書を読んだ限りではなかなか器用な作家だという印象を持

った。タイトルからは予想もつかないが、本書で描かれるのは残忍な連続殺人事件だ。

シアトル市内で八件の連続殺人事件が起きる。若い女性ばかりを狙ったその犯行は、目をテープで見開

いたまま固定して、腹部を十字架の形に切り刻むという猟奇的なものだった。そして新たに起こる二件

の殺人。しかし、その二件はいままでに起こった事件とは類似していながらも、微妙に手口が違うので

ある。模倣犯か?捜査に進展はない。しかし、ここに一筋の光明があたる。9件目の殺人事件に目撃者

がいたのだ。だがここで事態は意外な展開をみせることになる。

とても読み応えがあった。本書が刊行されたのは1991年。「羊たちの沈黙」で火がついたサイコス

リラーブームのおかげで巷にはシリアルキラー物があふれかえっていた。しかし、そんな中で刊行され

た本書はただのサイコスリラーにはとどまらない奥の深い警察小説に仕上がっていた。

まず本書に奥行をあたえていたのが、主人公であるボールト部長刑事の人物造形だ。ピアスンはボール

ト刑事のプライベートまで詳細に書き込み彼を生きた人間として描いた。それによって、彼の人間的な

弱さも無理なく定着させた。読者はそこに等身大のあまりにも人間くさい人物を見出し、自然と感情移

入することになる。このへんの構造は、まったくうまいとしか言いようがない。

そんな彼が苦境に立たされ挫折し、這いつくばりながらも事件を解決に導いてゆく姿は、それ自体が良

質の物語の起伏となって読者をぐいぐい引っぱっていく。

けっして後世に残る傑作とはいえないが、読んで損のない本だとはいえる。少なくとも量産されたサイ

コスリラー物の中では頭一つ抜きん出ていることは間違いないだろう。