読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

竹本健治「腐蝕の惑星」

イメージ 1

この作品は、いまでは角川ホラー文庫から「腐蝕」というタイトルで出ている。

はじめて本書が世に出てきたのは昭和61年、新潮文庫からだった。

当時はSFスリラーとして刊行されていたが、まぎれもなく本書はホラー作品である。

SFの設定ながら、主人公ティナが体験する崩れていく日常はとにかく怖い。

ティナに感情移入しやすいっていうのも大きな要因だ。もう、ほとんど一心同体となって物語を追って

しまう。ティナの身にふりかかる災いが、かなりのショックをもって感じられる。

後半、一気に舞台が変わってしまうが、それからがノンストップ。ラストまでページを繰る手が止まら

ない。

正直、ラストは少し不満がないでもなかったが、それを考慮してもなお本書の魅力は薄れない。

悪夢と現実が気味悪くリンクしたこのホラーは、読んだのが二十年近く前だというのにいまだに強く印

象に残っている。

完成された作品ではないが、なかなかのインパクトだったということだろう。