読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

2012-02-29から1日間の記事一覧

福永信「一一一一一」

対話なのだ。二人の人物がいて、話している。それはとてもありふれた風景だ。本書に収録されている 六つの短編はすべてそのパターンを踏襲している。そして語られる内容は推測と導きによって進められて ゆく。そうなんだね?そうだろう?そうではないか?こ…