読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

H・F・セイント「透明人間の告白」

イメージ 1

いまさらながら、透明人間でございます。

この使い古された題材をセイント氏は、いかにして甦らせたのか?

これぞまさしくエンターテイメント。刊行された当時(およそ15年前です)は『十年に一度の傑作』な

んていわれたものです。

話は簡単。透明人間の逃亡劇でございます。だが、そこはそれ、透明になってしまったことにより、主人

公はとんでもない窮地に立たされます。

作者は、あらゆる問題に真正面から挑んでいきます。まず、衣食住の問題。透明になってしまった身体に

つける衣服は透明でなければならない。透明になってしまった身体に食べ物を取り込むとどうなってしま

うのか?透明な身で誰の世話にもならず住む所があるのか?

秘密情報機関が、あらゆる手を使って執拗に追ってくるなか、主人!公はこれらの問題を克服して逃亡し

ます。でもそれは生半可なことじゃないんです。だって考えてみてください。道を歩くにしたって、人に

ぶつからないように気をつけなければならないし、車はびゅんびゅん突っ込んでくるし、雨の日は外には

出れないんですから。

さて、このかわいそうな主人公は、どうこの窮地を脱するのでしょうか?どうか自分の眼で確かめてくだ

さい。

ほんと近年稀に見る傑作小説に仕上がっています。ぜひお試しください。