読書の愉楽

本の紹介を中心にいろいろ書いております。

ギルバート ・アデア「ドリーマーズ」

イメージ 1

まず、驚いたのが『五月革命』である。恥ずかしながら、1968年にフランスでこんなに混乱を極め

た革命があったなんてまったく知らなかった。学校で習ったっけ?とにかくその事実を知っただけでも

めっけもん。

で、内容的には退廃とエロスに彩られた幕間劇みたいな感じで、腐臭を放ちながらも美しい。バタイユ

の「眼球譚」をもっとノーマルにして現代におきかえたみたいな感じ?

コクトーの「恐るべき子供たち」がモチーフとして使われているみたいだが、こちらは未読なのでなん

とも言えない。未成年だけの管理者のいないユートピア。夢想の世界で繰り広げられる甘美なゲーム。

おっと、そうなるとマキューアン「セメント・ガーデン」ともダブってくるかな?近親相姦もしかりだ

し。でも、こちらは現実離れした美しさがちらついて、ストレートにそういった即物的なものが伝わっ

てこないから、わりとあっさりした感じだ。手の届かない美しさに逆にほのかな憧れを感じる。

軽くてすぐ読めてしまうのだが、結構残るものがあった。